語学習得が苦手な原因をしって話せるようになろう!

>

克服するには

言葉が伝わることの楽しさを知る。

多くの日本人は語学を受験手段として学んできています。
社会人になって、海外との接点が業務上リアルなものになって、慌てて学びなおす人もいます。
これらに共通するのは、自発的に語学を身につける動機がないことです。
もしあなたが、好きな映画やドラマに外国のものがあるのなら、それが字幕であっても
楽しめてはいませんか。
多くの日本人には、これまで生活環境の中で外国語環境が全体的に乏しい状況でした。
最近は外国人交流を目的とした文化スクール、イベントが外国人が増えています。
日本にいる彼らだって、日本語は外国語です。
お互いに言葉の交流をすることで、これまでにない発見があるかもしれません。
そこから語学を身につける楽しみを探してみませんか?

語学の中の「得意」から始める

語学の学習は地道です。
その意味で辛さが先立つかもしれませんが、ひとつおススメの学習法をご紹介します。
まずは学びたい言語で好みのジャンルの動画(日常を話題としているものが望ましいですが)などをご準備ください。
それをまずは耳で聴いてください。
そしてその言語の字幕があれば、同時に見ながらも聴いてください。
そして実際にオウム返しのように発音してください。
さらに余力があれば、聴き取った自分の手で文字を書いてみてもください。
日本語で理解することを意識する必要はありません。
これを繰り返すことで、文法は苦手だけど、ライティングはすき!とか、話すのは恥ずかしいけど、暗記なら自信がある!といった得手不得手に気が付くと思います。
大切なのは、何が自分が得意で好きなのかを知ることです。
好きこそものの上手なれ、継続することに語学学習は意味があります。
この方法で、是非語学学習の苦手克服に役立ててくださいね。


この記事をシェアする