語学習得が苦手な原因をしって話せるようになろう!

>

原因は教育にあり?

英語教育の功罪

多くの日本人は、外国語として英語を学ぶことがほとんどです。
日本の学校教育の主目的が大学受験を中心とした教育構造になっています。
多くの学生を一度に試験にて振り分ける手段として、読み書きの能力に偏重せざるを得ない背景が続いていました。
最近でこそ、リスニングやスピーキングなども試験内容に盛り込まれていますが、これも試験という特殊性のため、日常生活に即応するものとは言い難いようです。
語学を苦手とする多くの日本人には、日本語だけで生活できる環境下で、机に向かって黙々と読み書きを中心とした学習に時間を費やしてきたのが実情です。
本来必要となる日常会話に充てる時間が日々の生活の中でなければ、よほど語学に関わるの動機や関心がない限り、やはり受験のための道具の域を脱していないのではないでしょうか?

もしも近隣言語が最初の学習語学だったら

日本人にとって、英語は様々な面で違いがあります。
発音はもとより、使用する文字、文法、また言語的な特徴も大きく違います。
英語は論理的で、曖昧さが少ない言語です。
地理的にも遠いことからも想像できるように、日本語と英語では、基本的な成り立ちから違い、習得を行う上、発想自体から学習する必要が本来ある言語です。
その意味では、韓国語やモンゴル語は文法構造が日本語と同じです。
中国語は文法構造こそは違いますが、漢字という共通要素があります。
言語上の類似的な要素があるため、習得の手がかりが多く、感覚的な壁が比較的低くなっています。
その意味では、身についた充足感が得やすく、好奇心もうまく作用すれば、語学を学ぶという行為に自信をもてるのではないでしょうか?


この記事をシェアする