語学習得が苦手な原因をしって話せるようになろう!

日本人が語学を苦手とする理由とは?

語学が苦手な背景

ここ10年で日本は様々なことに変化があったと感じませんか?
例えばですが、世界で活躍する日本人アスリートや芸能人を見てみましょう。
会見やインタビューといった場面で、通訳を介さずに英語等を使っていたりします。
冒頭にその国の挨拶程度の言葉を発していた時分とは随分と違いますね。
また、日本国内の生活環境へ目を向けてみましょう。
以前であれば、空港や限られた場所でしか見かけなかった外国人も、今では都市部に限らず、身近な場面で普段の生活の中で、出会うことが増えてはいないでしょうか。
さて、我々にはこれまであまり意識しなくてよかった大きな課題に直面しつつあります。
日本政府の方針によって、インバウンドである観光業へどんどん力を入れています。
2年もすれば、東京オリンピックの開催が現実としてより身近な事柄になってきています。
では、日本に住む多くの日本人にとって、外国人との主なコミュニケーション手段となる英語の実力はどうでしょうか?
公共交通機関では自動音声で外国語のアナウンスがなされることは増えてきています。
飲食などのサービス業でも、外国語表記のメニューが用意されてきてもいます。
片言でも簡単なフレーズで外国人と会話する人々も増えてきています。
これからの日本社会はますます語学のニーズは高まっていくことでしょう。
ですが、やはり日本人の根底にあるのは、語学は苦手という意識です。
ここでは何故日本人の多くが語学を苦手なのかのその理由を紐解き、それを克服する方法についてお伝えしていきます。

語学って本当に必要ですか? 

日本人はなぜ語学を苦手としているのでしょうか? 義務教育において英語は最低6年間は学習しています。 日常生活の中でも、外国語の看板や広告など見る機会も少なくないと思います。 それでも多くの日本にとっては、語学への見えない壁があるわけです。 その理由を考えてみましょう。

原因は教育にあり?

日本人の語学習得の苦手な理由には、日本社会で語学を身に着ける学校での教育現場に大きく依存しています。 また、最初に学ぶ語学が英語であることが問題という指摘をあります。 ここでは、この教育という側面から、原因を掘り下げてみると新しい発見があるかもしれません。

克服するには

日本人が語学を苦手とする理由は、歴史的にも、教育的にも様々な要因が絡んでいることが分かってもらえたと思います。 この問題を解決するのは一筋縄ではいきません。 ここでは、少しでも役立つような、克服に向けたちょっとした気づきや手法をご紹介したいと思います。